我が家の長男は中学生になって急に身長が伸びました。

子供は子供で小さい子あるあるというのがあるらしく身長の低い子供達で色々情報交換をしているようでした。
あの乳製品がいいとか運動がいいとからしいです。
本人達は本気なのですが、大人からしたら微笑ましい交流です。
そして中学生になりました。長男の身長は142㎝でした。
まだ小さい子供はいて一番前ではなかったです。

小さいことでからかわれるよりは女の子などからは可愛いと言われていたみたいです。
近所の女の子達と入学式の写真を撮りましたがその子達の間では一番小さかったです。
女の子の方が発達するのが早いと言ったりするものなのでそのよう話をして長男には気にしないようにいいました。
そして陸上部に入り毎日運動を頑張っていました。
小さいので大きな先輩の肩車に乗って重りがわりになって先輩のトレーニングにつきあったりもしていたようです。
先輩に憧れていたので喜んでいました。

まだアレルギーは治っていないので乳製品は一切摂取できない状態でした。
そうしているうちに毎日見ている親でもわかるぐらい身長が伸び始めました。

制服もズボンが短くなってきて縫い上げしているのをおろしたりして対応していました。
そのうちブレザーの袖も短くなってきました。
そして、一番伸びたのは中学三年生の時でした。
春着ていた服が秋には小さいようになってきたのです。
周りの人達にも伸びたねと言われ始め本人もとても喜んでいました。
久しぶりに学校に来た陸上部の先輩などは驚いていたというほどでした。

卒業する頃には166㎝になっていました。
私は単純に長男の成長を喜んでもいますが何よりアレルギーがあまり関係なかったことも嬉しく思っています。
そして入学式に写真を撮った同じメンバーで卒業式にも写真を撮りました。
女の子達の身長の順番はそのままそれぞれが大きくなっていました。

ですが一番小さかった長男が一番背が高くなっていました。
三年という年月の重みを感じる大切な写真になりました。